200万円借りたい!借入できる?

> 所得証明不要ローン

所得証明不要ローン

所得証明は金融会社が返済能力を確認するためのものです。
いくら高額の融資を希望しても、貸す側としてはリスクを抱えるものになるので、
きちんと返せるかどうか証明が欲しいという本音です。

所得証明の提出は消費者金融、銀行では違いがある

この所得証明の提出については同じカードローンでも会社によって違いがあります。

消費者金融は50万円未満は所得証明不要

消費者金融は50万円以下の小口融資を基本としているので、
50万円以上の貸し出しには所得証明の書類が必要になります。

銀行の場合は200万円以下あるいは300万円以下は不要の場合が多い

銀行では200万円以下あるいは300万円以下の場合は不要としています。
特に高額融資で不要とするパターンはネットバンクや新興系の銀行に多くみられます。
これは銀行と消費者金融の貸金業の差とみることもできますが、
銀行は大口融資を基本としている面があるので、
高額融資の貸し出しノウハウがあると言えます。

消費者金融を利用する方の傾向

消費者金融を多く利用する方の傾向としては銀行の審査は厳しいため、
審査が緩やかなローンを利用する一面があります。
また、総量規制こと借り入れ総額の制限も、
銀行のローンが所得証明を不要としている点と関係しています。

改正貸金業法では所得証明で年収をチェックする義務が課せられているため、
消費者金融では一定の額以上になると必要となっているのです。
それは例え1社が50万円以下の借り入れでも、
他社との合計融資額で所得証明を必要としています。

その点で銀行のカードローンは総量規制から外れているため、
年収制限もなく、所得証明が必要となる上限も上がってくるのです。

規制がある分審査が迅速

もしも他社借り入れもなく、借り入れ希望額が10万円程度などの小額だった場合には、
その分非常に迅速に審査が終了するはずです。

他社借り入れがなく信用情報に問題がなかった場合には、
チェックを行う項目がほぼないといってよいですから、
絶対に借りることができる上、業者からみれば優良な顧客となるわけです。